スポンサーサイト

  • 2017.06.14 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ミシンの修理

私のメインミシンのホリデーヌ。。。

ステップモーターの固さからくる不具合(縫い始めの返し縫いの誤作動など)があって、
いろいろ考えて やはりメンテナンスは大事だな!!  と思い、
オーバーホールしてもらうことにしました。


   

そして、、、ピカピカになって返ってきました。^^

作動音も静かになって、返し縫いもスムーズ〜!!  

  う れ し い 〜〜!!

こんなに快適になるなら、もっと早くに修理してもらえばよかった(笑)と思いました。^^

私がいつもお世話になっているミシンの修理屋さんは、tetettaみしん工房さん。

器械オンチな私がこんな古いタイプのミシンを快適に使い続けていけるのは、
すべて'tetettaみしん工房'さんのおかげなのです。

このミシンを修理に発送して2日後には、修理が終わりましたとの電話をいただき、修理内容の詳細を説明していただきました。
そして、使っていくうちに起こりうるであろう不具合が出た時の対処法なども教えていただきました。

修理以外でも、部品の調達をしていただいたり、ミシン選びで悩んでいる時にいろいろ質問をさせていただいた際も、とても丁寧に説明していただいたり、本当にいつも親切に対応してくださいます。

ミシンに対する愛情が感じられ、そして依頼者への誠意のこもった応対が心にしみて、とてもうれしく思います。

もし、ミシンでお困りのことがあったら、一度'tetettaみしん工房'さんにお問い合わせしてみてくださいね〜。^^


ロックミシンの大掃除。

ロックミシン(衣縫人)が調子が悪くなっちゃって・・・

縫い代が重なった部分で、立て続けに2本針が折れた。。。怒!!
そして、糸調子も悪い・・・

うう〜ん。。。   スッキリいかないって、ストレスだ。。。

ああ・・どうしよう、修理なのか・・・と悩んで、いろいろ検索。。。

そこで、このサイトを発見!!

ミシンプロさん

 ‘自分でやりましょう!ロックミシン・カバーステッチのメンテナンス’

画像のモノは、私が使ってるのと同じミシン。

前部カバーをはずしての、(3)までの掃除はたまにやっていたけど、底板やサイドカバーを外す勇気がなくて一度も開けたことがない。。。(4年前に購入してからこの部分は未開の地だった・・・)

おそるおそる開けてみて、ビ、ビックリ!!

案の定、おびただしい糸くず、ほこりだった〜〜!!
これじゃあ、調子悪くなるよね〜。。。ごめんねぇ〜!なんて独り言いいながら、ひたすらお掃除。
キレイにゴミを取り除いて、油を差して終了。
糸を通して試し縫い。。。
快調〜〜!!
そしてなんだか音も軽やか〜♪

ミシンの調子が悪くなったら、とりあえず糸くずを取り除くが、基本のメンテナンスだった!!
(ミシンに限らずなんでもそうだねぇ。。。)

掃除は大事。。。


ミシン選び。。。完結編。。。

ミシン・・・ さんざん悩みに悩んだ結果、

決まりました!!

糸のしまりの良さという点で、水平釜よりも垂直釜に心が動き、家庭用の垂直釜でパワーのあるミシンを捜し求めたら、やはりベルニナミシンに行き着き、、、

最終的に決めたのは、


ベルニナ activa130。。。   

  

1997年に発売されたもので、今は廃盤になっているそう・・・
一度も使用していない状態のモノを、某オークションで購入しました。(ギャンブラーだ!!笑)

いい状態で保管していたようで、ピカピカで動作も問題なくスムーズ!!^^
縫い目もキレイ!!^^

私が使っているホリデーヌ1240に比べると、飾り縫いも少なくて
ボタンホールも一種類だけ。
でも、これで十分!!

この間のキルトフェスで勧められたのがこのシリーズのactiva240
赤いボタンがかわいいな〜って思ったけど、模様縫い100種類もいらないなあ・・・
もっとシンプルでいいのないのかな。。。と思っていたら、、、
このミシンを見つけました!!

activa130のボタンは薄いターコイズ色で、さらにカワイイ♪
本体の角ばったデザインも、ちょっと古めかしくて大好き。^^
私って、けっこう見た目を重視してしまうカモ。。。笑

この2〜3週間悩みまくった結果、結局私はベルニナミシンが好きだったということでした。笑


ミシン選び。。。つづき

何とか、二つの機種に絞り、悩みに悩む。。。
 
Juki エクシード キルトスペシャル

・ジャノメ Ck1100
  
↑のCK1100は、構造が職業用をベースに作られている半職業用ミシンと言われる耐久性。日本製って言うのも惹かれる。
でも、フリーアームがない。。。
  
juki エクシード は一般的な家庭用ミシンの中ではNo1の性能を持つミシン。。。
ボタンホールのメス巾まで調節できるところが魅力だな〜と。
 
フリーアームって、あると便利。私もよく使っている。
なくても出来ないわけじゃないけど。。。
でも、あったほうが便利よね・・・

私の中では、気持ちは8:2くらいの割合でエクシードに傾きつつ。。。


行ってきました。キルトフェスティバル。
  
  

結果、、、ますますわからなくなってしまいました!!

まず、ジャノメミシンのブースで、CK1100を聞くと今回のイベントには持ってきていないそう。
ガッカリ。。。と思ったら、CK1100のフリーアームがないという欠点を補う後機種が26日に発売されたばかりだそうで、それを試し縫いさせてもらいました。

エルナミシン

さすが、キルト用のミシン!!飾り縫いの種類が豊富でいいのはわかるが、価格もビックリ!!
でも私、飾り縫いとかはあまりいらないんだよね・・・
キルトはたぶんやらないだろうなあ・・
価格も想定外だったし、発売直後っていうのはちょっと避けたいので、これは却下。

そして、jukiのブースを探し、エクシードを発見。
でも、そこではしきりにベルニナミシンを勧められ、さんざん試し縫いをして見せてくれる。
ベルニナは古いタイプを使っているからそのよさはもうわかってるよぅ。
エクシードが気になってわざわざここに来た旨を伝え、なんとか試し縫いをさせてもらうことに。
一番気になったボタンホール。
ボタンホール押さえが、嘘でしょ〜!!ってくらい大きくてビックリ!!
通常のボタンホール押さえの4倍くらいありそう。

そして直線縫いで気になったのは裏側(下糸)の縫い目が微妙にふらつきが見られたこと。
お店のおじさんがベルニナには詳しかったけど、この機種にはあまりなれていないようで、操作にもたついたり他の店員さんに聞いたりしていたので、糸調節が万全ではなかったのかもしれないけど・・・
洋服の裾上げは折り返して裏側からミシンをかけるので、下糸の縫い目が表にでるので、この縫い目が綺麗じゃないというのは、うう〜んだなあ・・・

ベルニナのほうは下糸の縫い目も揃っていてキレイ。。。
裾上げの段差もベルニナの方が縫えていた気がする。。。

おじさんは、垂直釜の方が縫い目の締りがいいからね〜。
   (ミシンテーブルに対して垂直に下糸を入れるのが垂直釜。
    ボビンをボビンケースにセットしていれるタイプ。)
とまたまた、ベルニナをプッシュ。笑 
   (さっきのエルナミシンとほぼ同額くらい。。。)

さっきのジャノメのお姉さんは、水平釜のほうが垂直釜に比べて糸からみがなくていいんですよ〜。と言っていた。。。

それぞれだな〜。。。

↑のエルナミシンもエクシードも、ボタンホールは一度縫っただけではなんだか心もとない感じ。
どちらも2度縫いしていい感じに仕上がる。
でもベルニナミシンのボタンホールは一度縫いで十分。
きっちり密度でかがられる。 間違えて糸を解く時は本当に大変なんだけど。。。

ベルニナ ボタンホール 一度縫い > エクシード ボタンホール 2度縫い

エクシード うう〜ん。。。どうしよう。。。

CK1100が試せていないのも引っかかるけど、、、水平釜より垂直釜の方がいいのかなぁ。。。
今までずっと垂直釜だったので、新たにボビンを買わなくてもいいし・・・

ああ〜、またまた悩みまくっています。。。









ミシン選び。。。

いまだ、ミシン選びは続行中。。。
どの機種がいいのか、検索して口コミをみて。。。
ミシンが決まらないと、気になって気になって・・・
毎日気持ち悪くなるほど、PCにへばりついている。。。

先日、溝口の‘ユザワヤ’のミシンコーナーにブラザーのメーカーさんが来るというので、販売員さんよりもさらに詳しい情報を知りたいと思い、さっそく行ってきました。

ブラザーのメーカーのおじさんに、今洋服を作っていて、これから友人などに洋裁のことなど教えていくために、扱いやすいミシンを探している事を伝えました。
おじさんが、これがピッタリ!だよ!と勧めてくれたのは、

ブラザー、アニュドール。

私の捜査線上、候補にはまったくあがっていなかった機種。

とりあえずどんなものか試し縫いをさせてもらいました。
おじさんは上糸をかけながら、
今からビックリさせるよ〜!! このレバーをグッと下げるとほら!! 針に糸が通ってる!! 
私、数秒間無言・・・ の後、 す、すごいですね・・・
(でも、心のなかでは、自動糸通し機能は、面倒であまり使わないんだよね。自分で通したほうが早いし。。。)

ボタンホールはとても綺麗に縫えて、縫い目巾(かがり巾)も調節できるのがよかったかな。

自動糸きり機能使ってみたけど、糸が3cmくらいのところでカットされていた。
ちょっと長いな〜。。。こんな長さが残るんだったら自分で切ったほうがいいかなあ・・・

フリーアームは、ちょっと太いなあ〜という印象を受けました。
一番気になるところは、裾上げなどの厚みがあって急な段差のあるところをスムーズに縫えるかってところ。
デニムの布地で試し縫いさせてもらったけど、段差をつけて最大9枚重ねて縫ってみたら、一応自力で進んで行った。
でも、縫い目は段差の部分は縫い目が細かくなっている。。。
そこに突っ込んでみたら、この段差のところはしょうがないよ、物理的に無理だよ。
と、あっさり言われた。。。
かなりこの機種をプッシュされたけど、検討すると言って帰ってきました。
自分が求めている機能とオススメ機能にちょっとズレがあるような気が。。。

いろいろ考えたけど、この機種はナシだな。
(初めから念頭になかったし)

自分のほしい機種と店が売りたい機種は一致しないという意見もあって、大きくうなずけたな〜。。。

悩みに悩んだ結果、ほしいミシンは2つに絞りました。

Juki エクシード キルトスペシャル

ジャノメ Ck1100

でも、ユザワヤの店頭では扱っておらず。。。
オカダヤでも扱っていない。。。

どうしても試し縫いしてみたくて、取り扱っている実店舗を調べたけど、販売員さんのセールストークに巻き込まれそうでなんだか、躊躇してしまう。。。

さんざんネットサーフィンして、キルトフェスティバルにミシンのブースが出展していることがわかりました。
イベントならば、そんなに売りつけよう魂胆はあからさまにしていないと思うし、ためし縫いも出来るかも〜!!

キルトフェスティバル、行こう〜〜!!^^



ミシン

        

以前から手作り好きなママ友達などに、
洋服が作れてすごいね〜。今度作り方教えてね〜。
と言われたりしていたけど、
まあお世辞で軽い挨拶程度なのだろうと思い、受け流していました。

そしたらどうやら、本気で教えてほしいと思っていたことが判明。笑

友達の友達もまた手作り好きだけど、ちゃんと習っていないから教えてほしい人けっこういるんだよ。と。。。

そこで、ふと考えた。。。
皆で集まって、井戸端会議、お話しながら楽しく洋服作るのもいいかな〜。

ソーイング cafe ってどうかな?

そんな提案をしたら手作り好きな友達は、ホント?!行きたい!!いつからやるの?!
とかなり反応してくれて、、、
ああそうだったのか。けっこうみんな本気で縫い物したかったんだ。。。と再確認。。。

それを始めるにあたって、ミシンの購入を検討中。。。

私が今使っているのは、かなり古いタイプのベルニナミシン。
少し時間を置いてかけると、返し縫いがうまく進まなかったりと誤作動をおこすので、その都度電源を切ったりしないといけない。。。
これはミシンにあまり慣れていない人には、扱いにくいな。。。


      


あと持っているのは、一番上↑の昔の足踏みミシンを電動にしたタイプ。

シンプルなミシンだけど縫い目はキレイだし、まだまだ現役。
昔のミシンのフォルムって、完璧だと思うほど美しい。。。
だけど、ボタンホールがない。。。

初心者でも、扱いやすいミシンがあったほうがスムーズに進めやすいし。。。
私のメインミシンがいよいよダメになったら、もうひとつあったほうが何かと安心だし。。。
と思いミシン購入を決意。。。

ミシン、いろいろ調べていますが、あまりにも種類が多くてそれなのに情報が少ないし、
ミシンを取り扱っているお店も少ない。。。
実際に触ってみて試し縫いしてみないとわからないことも多いし。。。
PCに向かって、いろいろ検索してみているとあっという間に3時間くらい経っていたりして。。。

今のところ、ブラザー、juki、ジャノメ、の3社のミシンで悩み中。。。

刺繍機能付きのミシンもほしい〜と思ったりもしたけど、、、
使いこなせるのか?
刺繍機能は本当に今必要なのか?
と自分に何度も問いかけ、迷いに迷って

やはり洋服をメインに作りたい。

刺繍機能は要らない。。。という結論に達しました。(後ろ髪ひかれつつ・・・)笑


ああ、いろいろな便利な機能に惑わされて、自分を見失ってしまいそう。。。笑

一般的に人気があると言われていても、それが本当に必要としている機能かどうかは人それぞれ違うし。。。

自分はこれだけは譲れないというところを、もう一度考え直してみよう。。。






calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
匠なレースカットソー
アシメドレープコットンニットトップス
シンプルワイドパンツ
デニムスカート マキシスカート
BLUETO[ブルート]マキシ丈 デニム ロング スカート
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM